団信と呼ばれる保険は出来るだけ加入しておくほうがメリットが大きい

日本では住宅は持ち家のほうがいいという考え方の人が多く、今でもかなりの人が住宅ローンの世話になりながら持ち家を購入しています。その形態はいろいろで一戸建ての人もいれば、マンションの人もいますし、新築や中古なども含めて住宅ローンは使われています。

この住宅ローンでもし支払っている時に何らかの理由で支払えなくなった場合、例えばクビになって支払えなくなったらそれは家を手放さないといけないのはわかるでしょう。しかし死んでしまった時も同じように家を手放さないといけないのか?とかんがえたことがあるかもしれません。確かに死んでしまえば支払いはできないですから、配偶者や子供がいた場合せっかく家を残しておきたいのにそれができないのではないかと考えてしまうのも無理はありません。

ただ、それを防ぐための保険というのが住宅ローンには存在するのです。それが団信という保険です。正式名称は団体信用生命保険というもので、これがないと住宅ローンに入ってはいけないというものもあるくらいです。民間の銀行が発行している住宅ローンのほとんどは、この団体信用生命保険に入ることを義務付けています。でなければ返済してもらえないことを知っているからです。ただ、国や自治体の公的なものの中には入らなくてもいいものもあるようです。

日本は生命保険に世界中でも一番加入している民族だと言われますが、それはこの団体信用生命保険に入っているというのも大きいと思います。一般的な生命保険には入らなくても、こちらの団信に入っておくことで後の家族に家を残しておくことができるのです。もし入らなくてもいいという住宅ローンであれば、別で生命保険に入っていればいいでしょう。そうすれば保険金でローンを支払い、その他にもお金を残すことができるでしょう。

団信というものに入っておけば問題なく住宅ローンを借りても、後のことを考えなくてもいいようになるでしょう。ただ、その分お金もかかりますが、それは仕方ない必要経費だと思っていたほうがいいと思います。独り身なら考えなくてもいいかもしれませんが。

閉じる